首こりは運動不足と関係ありますか?

首こりは運動不足と関係ありますか?

首こりは運動不足と関係ありますか?

 

首こりは運動不足によって
発生することがありますよ。

 

注意していただきたいのが、
上半身の運動不足はもちろんのこと、
下半身の運動不足も関係していることです。

 

首こりは、上半身に発生するので、
上半身だけを一生懸命
トレーニングされる方がいます。

 

でも、実際には、
下半身が筋肉の6割〜7割を占めていて、
運動不足には下半身のほうが関係します。

 

 

下半身の筋肉が運動不足になると、
急激なスピードで筋肉が落ちていきます。

 

下半身は、歩いたり走ったり、
ジャンプをしたときに、
衝撃吸収する役割を果たしています。

 

日常生活の中でも、
常に衝撃吸収を行なってくれる、
とても重要な筋肉なんですね。

 

運動不足によって、
下半身の筋肉量が低下すると、
衝撃が上半身に登ってきます。

 

 

最初は腰に痛みが起こりますが、
徐々に背中や首に痛みが登ってきて、
最終的に首こりが発生するようになります。

 

デスクワークを行なっている方は、
特に下半身の筋肉量が落ちてしまい、
上半身に負担が加わるようになります。

 

座っているだけでも、
上半身の重みを下半身は支えているので、
その能力が落ちてしまうことにつながります。

 

 

本当に軽い運動でも大丈夫です。
無理に行う必要もありません。

 

ほんの1分でも大丈夫なので、
まずは、何か生活の中に
運動の習慣を取り入れてみてください。

 

習慣化することが難しいので、
毎日1分だけでも心がけるようにして、
習慣化を身につけることが重要になります。

 

理論上は20分以上運動するなど、
頭では理解できることが語られていますが、
人間はそんなに単純なものではありません。

 

習慣化の難しさは、
誰もが理解していると思います。

 

まずは運動を習慣化すること、
1分でもイイので習慣化すること、
ここから始めてみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

首こりでお困りの方へ